東日本大震災の体験と私の想い

掲載日:2015.03.12

昨日(3月11日)、東日本大震災から4年が経ちました。

地震発生時刻の午後2時46分、東日本大震災の発生から4年となるのを前に、川越市の庁舎や各地で犠牲者に黙祷が捧げられました。

夜のニュースでも、被災地が復興半ばである様子が伝えられ、私も震災当日や震災後のこの4年間に様々な思いをはせた1日でした。 みなさんも、震災の時にどこで何をしていたのか、鮮明に覚えていらっしゃるのではないでしょうか。 2011年3月、私は川越市議会議員選挙に初挑戦することを決めた時期で、ただただ、慌ただしく走り回っていました。 3月11日は、もうすぐ卒園を迎える長女の幼稚園でお別れ会の日。私も母として参加したわけですが、地震が起きたのはお別れ会がちょうど終わった後でした。 長女はそのまま幼稚園での習い事があったため居残り、私は都内での予定に参加しなければなりません。先生に「○○先生、いつもすみませんが宜しくお願いします」と元気に挨拶をして幼稚園を離れようとしたまさにその時。今まで経験したことがない揺れがきたため、条件反射的に長女を抱きかかえて身動きがとれない状態だったことが昨日のことのように思い出されます。私は出発時間ギリギリまで幼稚園に残っていたため、運よく長女と離れずにすんだのです。 園庭でしばらく待機した後、長女と一緒に帰宅することにしましたが、保育園に通っていた次女の安否確認がとれません。保育園に何度も電話をしましたが全く繋がらず、気づいたら保育園に足を運んでいました。無事に次女を迎えることができました。 その晩は、娘たちもひどく怖がっている様子でした。テレビのニュースをつけたまま、3人でテーブルの下に布団を敷いて横になりました。 当時まだ幼かった次女も、もう小学生です。今、娘たちの成長に歳月が流れることの速さを感じますが、一方で復興は十分に進んでいない現状に胸が痛みます。 子どもたちの安心な未来のために、私は何が出来るのか。

「わたしに出来ることは何でもやってやる」そんな強い決意を、新たにした1日でした。

被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

1426140834550-2 最後までお読みくださり、有り難うございました。 山根ふみ子