「チーム山根ふみ子」として闘ってまいります!

掲載日:2015.04.07

 4月3日、川越市の「氷川会館」にて「山根ふみ子決起集会」を開催し、会場には予想を上回る約250名の来場者に来ていただくことができました。
zenntai ueda
 片野市議会議員の司会で始まった決起集会は、オープニングで後援会が主体となり制作した「山根ふみ子 2015活動紹介」のスライドショーで幕を開けました。
 冒頭、渡辺後援会長の挨拶の後、連合埼玉小林会長、大野民主党県連代表、小宮山民主党第7区総支部長、川合市長、上田知事、ご近所代表として中田前自治会長、友人代表として川野後援会青年部会長から来賓の挨拶をいただきました。
 ご挨拶の中では、「市議会議員の時から人間としても政治家としても優れた素質があった」「市議会で鋭い一般質問をしていた」など、この4年間の川越市議会議員としての活動を評価するお言葉も含まれ正直とても嬉しかったです。一方で、「埼玉県議会議員の女性比率は37番目に低い。女性唯一の候補者として選挙戦は必ず勝ち抜いて県政改革をしてもらいたい」などの期待や励ましのお言葉もいただきました。
 そして、わたくし「山根ふみ子」からは、市議会議員の時に一般質問で取り上げた「未受診妊婦の問題」や「職場において妊娠を理由に不当な扱いを受けるハラスメント(マタハラ)の問題」に触れさせていただきました。また、超高齢化社会への対応として医療や介護の課題解決に取り組んでいくことを表明させていただきました。途中、娘たちから花束を贈呈されるというサプライズもありました(笑)
 その後、川上いさく市議会議員候補予定者の「頑張ろう三唱」に続いて、山木あやこ市議会議員の閉会挨拶で締めくくりました。
 ganbarou
 ご来場いただいた皆さま、集会の準備や運営を完璧にこなしてくれたボランティアスタッフの皆さま、本当に有り難うございました!
 これから、皆さまとともに「チーム山根ふみ子」として一丸となって選挙戦を闘い抜いて参りますので、引き続きのご支援を宜しくお願い申し上げます!
最後までお読みくださり、有り難うございました。
山根 ふみ子